アトピー性皮膚炎とステロイド

とくにお子さんに多いのですが、
最近アトピー性皮膚炎で来院される方が多いです。

アトピー患者さんが鍼灸院に来院されるパターン

当院は鍼灸院ですので、
アトピー治療として真っ先に選ばれることは稀です。
来院に至るには次の2つのパターンがあります。

  1. 病院に通っていたけど改善が見込めず、
    他の方法がないかを探して来れれる場合です。
    中にはステロイドを使ってきたけど良くならず、
    「乳幼児にはこれ以上は強いものは出せない」と
    小児科医から見放された患者さんもいらっしゃいます。
  2. もう一つは、元々お母さんが自然食に関心が高く、
    出来るだけクスリに頼らずに治してあげたい
    と思っておられる場合があります。

どちらの場合も、施術の内容は同じですが、
予後・通院回数や治癒するまでの期間には
若干の差が出てくる可能性があります。

クスリに頼らず自然に治す

クスリを否定する訳ではないですが、
知っておいてほしい事があります。

クスリというものは、必要に応じて使うものであって、
使い続けるものではないということです。

もし年単位でクスリを使い続けていると、
得られる効果やメリットより、
副作用のデメリットの方が大きくなってしまうからです。

それは何故なのか?
理由は「クスリ=不自然」だから。

クスリは化学物質です。
つまり、自然界に存在するものではなく、
その一部を抽出しているので、
クスリ自体が不自然な物質であるということです。
また、何らかの原因よりも症状を抑え続けること、それこそが不自然な行為であると言えるのです。

例えば、アトピー性皮膚炎や湿疹の
自宅でのセルフケアには、椿油、オリーブ油、ごま油
などの植物性の油を塗るようにお伝えすることもあります。
口に入れる物なので、安心だし自然だからです。

あまり効果は感じないかもしれないけど、悪くなることはほぼないです。
皮膚を保護する目的で使用するので、
本来身体のもつ自然に治る力が働くまでお肌を守る目的なので、
ステロイドのように湿疹を抑える作用はありません。

ステロイドなどのクスリは症状を抑えるだけで、
原因を治すのではないので、
原因を取り去ることは必要だと考えます。

  • 食事など生活全般を自然なものにシフトすること。
    無添加ものを選んで下さい。
  • そして衣服も。
    化学繊維だと静電気により、柔らかい皮膚を刺激するので
    極力肌に触れる部分は綿などの自然素材を選んでください。

一つ一つの小さな積み重ねが、
やがて本質的は変化へ繋がり、回復へを導いていきます。

花粉症・アレルギー専門|らぽーる鍼灸院

浜松市中区浅田町279番地2

TEL:080-3621-9980

営業時間
10:00~18:00
10:00~18:00
14:00~18:00
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。