花粉症と鍼灸治療

花粉症は、くしゃみ、鼻水・鼻づまり、目のかゆみなど、集中力がなくなり効率的に仕事がこなしづらくなります。

鍼灸治療はとてもで、1回の施術で実感できると好評です。

花粉症の鍼灸治療

治療を始める時期

初めての治療は早いに越したことはないですが、症状が出てから初めても差し支えありません。

花粉の飛散は毎年およそ2月~3月に始まりると言われてますが、実際はわずかながら冬のあいだにもう飛び始めています。

だから、12月〜1月に治療を開始しおけば、あらかじめ体の免疫力を向上させIgE抗体の産生を抑制することができるので、花粉症のシーズンはバッチリです。

でも実際は、当院に来院される大半の患者さんは、花粉症の症状が酷くなり、薬の副作用で耐えられなくなってから来院されます。

そのような場合には、その不快な症状を緩和するために症状を抑えるツボに対する施術をします。そのうえで、免疫力向上の治療を施しますので、2-3回の治療でかなり症状が改善されます。
1シーズン中では、最低でも6回の施術をしていれば、そのシーズンはラクに過ごせるようになります。

花粉症の治療で他にも良いことが

治療効果は人それぞれですが、花粉症の治療をすることで、ホルモンのバランスが調節されるので様々な改善が見られます。

つまり、鍼灸治療を継続することで、体質改善になるので一石二鳥なんです。
例えば、症状の出始めが遅くなったり、症状が軽くて済むようになったり、
薬を飲む量や回数が減るなどです。

更に、その他の症状に、腰痛、腰痛、肩こり、眼精疲労なども改善してきます。
これは基本的に、自然治癒力が高まってくる事によるもので、理にかなっている改善方法と言えるでしょう。
自然に治すって理想ですよね。

 

花粉症・アレルギー専門|らぽーる鍼灸院

浜松市中区浅田町279番地2

TEL:080-3621-9980

営業時間
10:00~18:00
15:00~18:00
10:00~18:00
10:00~18:00
10:00~13:00
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。